本文へスキップ

大田区中央の入れ歯専門デンタルクリニック。矢口記念大森ユニオン歯科です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.03-3776-0108

〒143-0024 東京都大田区中央3-5-6

診療案内medical info

診療時間

 
午前10:00〜12:30
午後14:00〜17:00

※祝祭日は休診です。

治療方針

歯を出来るだけ抜かずに守りながら、いろいろな義歯装置を使って、日常生活に支障のないようにケアをさせていただくのが基本方針です。それに伴う虫歯の治療、詰め物、被せ物や歯周病の治療は一緒に行いますが、義歯以外の診療内容 ( 救急、口腔外科や重度の歯周病、インプラントなど ) については、鶴見大学にご紹介したり、他の医院を受診していただく場合もあります。
新しい義歯をお作りする場合は、良くご希望を伺った上、ご希望に沿えるよう合理的な計画と義歯設計を立案し、分かりやすくご説明いたします。健康保険を取り扱いませんが、レジン床(プラスティック)義歯、リテーナー義歯、金属床義歯、補強型金属床義歯、金属構造義歯など、設計のバリエーションも豊富ですからご相談の上、どんなご要望にもお応えできると考えています。
例えば、緊急な場合、新しい義歯を一日で製作して噛めるところまで完了することも可能ですし、義歯装着後のアフターケアにも十分な時間と内容を用意しております。
当院が一般の歯科医院と異なるのは、歯科医は治療し、患者さんが治療を受けるという一方的関係だけではなく、義歯の体験者、使用者として対等な立場で診療に参加して戴き、我々スタッフと一致協力して歯と健康に関する諸問題を解決して行くという点にあります。私が鶴見大学の生涯学習の講座で取り上げている幅広いテーマ(プラークコントロール、フォースコントロール、味覚・咀嚼と食育、口腔と全身の健康体操、口腔を通じてのデスエデュケーションなどを含む生涯教育)を、必要に応じて具体的に実行して行きます。

治療内容

1. 部分入れ歯(部分床義歯、パーシャルデンチャー)
2. 総入れ歯(全部床義歯、コンプリートデンチャー)
3. オーバーデンチャー
4. リテーナー義歯
5. 複製義歯
6. アタッチメント義歯
7. 義歯治療に伴う虫歯の治療、詰め物、被せ物(オールセラミックを含む)
8. 歯周病のケア
9. プラークコントロール
10. フォースコントロール
11. 口腔からの生涯学習
インプラント義歯は行っておりませんが、必要な場合は鶴見大学にご紹介いたします。

義歯(入れ歯)の種類

1.部分入れ歯(部分床義歯、パーシャルデンチャー)
上あご又は下あごにおいて、歯が1本喪失した状態から、最後の1本が残る状態(親知らずを除けば13歯喪失)まで、広い範囲に用いることができます。

1)レジン床義歯


本体の大部分がレジン(プラスティック)製で、留め金の部分、連結部のバーや補強線など、一部が金属製の義歯です。
軽量、低コストですが耐久性に劣ります。

2)金属床義歯


本体の主要な部分が金属製で、欠損した歯と歯ぐきの部分をプラスティックや陶材などで製作する義歯です。
金属の特性(強度、剛性、弾性、熱伝導性、生体親和性など)を活用する設計が重要です。

2.総入れ歯(全部床義歯、コンプリートデンチャー)


上あご又は下あごにおいて、すべての歯を失った状態に用いる義歯です。
レジン床と金属床があります。


3.オーバーデンチャー


義歯の全体観は総入れ歯の形をしていますが、数本の歯根が残っており、歯の上に義歯をかぶせるように乗せて装着します。残った歯根を活用して義歯を留める装置(アタッチメント)を使う設計もあります。


4.リテーナー義歯



熱可塑性の樹脂プレートを圧接して製作し、現在有る歯の上からかぶせるように装着します。動揺する歯を守ったり、早急にかみ合わせを回復することができます。
また、永続的に用いる場合には、金属製にすることもできます。


5.複製義歯


全く同じように使える義歯を複数製作することができます。これは、入れ歯は2個使えないという常識をくつがえすことになりますが、それだけ高精度の義歯製作が可能になりました。複数使うことの利点と、安心感はお使いになる患者さんでないとわからないかも知れません。


6.アタッチメント義歯


支台装置(義歯と歯を連結・固定する装置)にアタッチメントを用いる義歯。アタッチメントの種類は多い。 






父の遺産の昭和初期に作られた歯科器材収納戸棚







矢口記念大森ユニオン歯科矢口記念大森ユニオン歯科

〒143-0024
東京都大田区中央3-5-6
TEL 03-3776-0108

覚悟の瞬間 矢口記念大森ユニオン歯科 阿部實